日本マネジメント団体連合会は公認外部監査人制度を創設しました。

日本マネジメント団体連合会は、監査知識を有する行政書士、公認会計士、弁護士、税理士等に対して審査の上で公認外部監査人の称号を付与します。公認外部監査人は、企業の身ならず社会福祉法人等の全ての組織の業務監査を担当します。財務監査については、財務書類の監査のみは行いません。これからの企業等の組織は社会性を強く求められます、その社会性も自社で判断した社会性ではなく客観的な第三者の監査が必要になります。公認外部監査人制度は、民間から声を上げる広い意味の自主規制制度としてスタートすることは大きな意義を有すると考えます。

日本マネジメント団体連合会link