東京総合研究機構

Institute of Tokyo

会 長 紹介

会長紹介

会 長:寺沢 充夫

昭和38年 電気通信大学短期大学卒業
昭和43年 玉川大学工学部電子工学科卒業
昭和50年 玉川大学大学院工学研究科電子工学専攻修士課程修了
昭和38年から平成18年 玉川大学工学部に勤務
平成18年3月 玉川大学教授 定年退職

昭和45年から同10年 京都大学(医学部衛生学)研修員
平成10年から同16年 京都大学大学院医学研究科(医学部公衆衛生)研究生
平成17年から同19年 昭和薬科大学研究生
1989年、1997年 フランス(ストラスブール)の国立科学研究所・国立衛生医学研究所で短期の学術研究

資格等:博士(工学)、 元玉川大学教授

現職: 東京生体健康科学研究所所長

団体役員等:
AAAS(米国科学振興協会) 会員
日本保健医療学会専務理事、日本未病研究学会理事、
日本ビジネス・マネジメント学会理事、日本経営実務研究会理事
電子情報通信学会、日本ビタミン学会、

業績: 
アーテック工房株式会社技術顧問、菅原研究所顧問
視覚神経系の情報処理、逃避弁別学習、ビタミンB1と学習能力、
精神テンポの基礎的研究、
マイナスイオン(負イオン)が生体に及ぼす効果、負電位が生体に及ぼす効果
電磁波と生体の関連性、健康関連のサプリメントについて

現在の研究内容
・空気マイナスイオン(負イオン)や負電位治療器が生体に及ぼす効果   (ラットを用いた時と被験者の協力のもとで研究を行っている)
・血圧、血糖値、乳酸値、免疫、自律神経系
・住宅におけるマイナスイオン環境が生体に及ぼす効果
・ICASやSUMICASが居住環境の改善に寄与している研究。
・アルカリイオンプレートやミネラル鉱石を用いた飲料水の改善効果、
・家庭用のミストサウナを用いた研究、
・富士山溶岩の粉末が生体に及ぼす効果(血糖値効果作用、新型インフルエンザH1N1型の不活作用、各種病原菌の抗菌作用等)。
・水溶性珪素(UMO)が生体に及ぼす効果
・テラヘルツの効用
・最近はガンや糖尿病に関する統合医療に関心を持っている。

論 文:国内学会発表、国際会議および論文、玉川大学工学部紀要等
3、寺沢充夫, 岡田憲己, 菅原明子,“ラットにおける水溶性珪素(umo)の免疫効果,” 保健医療研究 第5号、pp. 1-9, 2013
2、河村洋子, 横田康成, 野方文雄, 寺沢充夫, 上條中庸, 岡田憲己, “ケイ素摂取によるラットの骨・血管の応力ひずみの解析,“ 信学技報, Vol. 114, No.51, pp. 31-36, 2014
1、河村洋子, 横田康成, 野方文雄, 寺沢充夫, 岡田憲己, “ケイ素摂取によるラット橈骨力学的強度検証のための骨密度計測,“ 信学技報, Vol. 115, No.49, pp. 49-54, 2015

著 書: 
6、寺沢充夫他:マイナスイオン療法の威力、史輝出版、2002
5、空気マイナスイオンの科学と応用[共著] イオン情報
4、環境が心をつくり心が健康をつくる「共著」、日本建築医学協会、一
3、寺沢充夫:細胞活性がなかなか治らなかった病気を改善する、ごま書房新社、2011
2、伊藤実喜、菅野光男、寺沢充夫:難病を克服する硅素の力、(株)ビオ・マガジン、2012
1、寺沢充夫、青木文昭:マイナスイオン健康法、ジーオー企画出版、2013


 

テキストのコピーはできません。